妊娠検査薬についての説明

妊娠検査薬を使用すれば自分の妊娠を早期に知ることができます。

それにより栄養面や体調面に気をつけることで元気な赤ちゃんを出産することができます。

この妊娠検査薬は「いつから、どのように」等、使用方法を理解しないと正しい検査結果を得ることができません。

妊娠検査薬の使用方法ですが、妊娠検査薬には判定窓があり、そこに尿をつけることで検査することができます。

やりやすい方法としては、まず紙コップにあらかじめ尿を入れます。

そこに妊娠検査薬を3秒間ほど浸します。

取り出した後は妊娠検査薬を水平な場所に置き、検査結果が出るまで待ちます。

そこで検査結果を判断します。

この時の注意点として、検査結果が出ても「自分は妊娠した」と確信しないでください。

あくまでも妊娠検査薬は「妊娠の可能性が高い」ということを証明するだけですので、確実に妊娠しているかを知るためには、産婦人科で検査を受けてください。

妊娠検査薬のタイミングについて

次に妊娠検査薬をいつから使用するかについて説明します。

妊娠検査薬は受精卵が子宮内膜にくっついた時に分泌されるホルモンに反応して、色を出すようにしています。

検査薬を尿に浸す理由は、このホルモンは尿に含まれて排出されるからです。

タイミングについてですが生理周期がわかっている場合は、前回の生理が開始した日と周期から7日経過した後に使用するのが望ましいです。

また生理周期が安定しない場合や前回の生理がいつ起きたかわからない場合は、排卵日から3週間後に検査するのが良いでしょう。

それ以前に検査しても、ホルモンが分泌されていないため不妊なのか妊娠しているか判断することができません。

妊娠検査薬のフライング検査について

上記の日程より前に妊娠検査薬を使用することを「フライング検査」と言います。

妊娠検査薬をいつから使用するか理解せずに使用してしまうケースが多いです。

そのフライング検査で陽性の反応が出てしまうことがあります。

これは受精卵が子宮内膜にうまくくっついていない状態を表します。

受精卵が子宮内膜にくっつく事を着床と言いますが、これが成立しない限り赤ちゃんができません。

このフライング検査で陽性反応当ててしまった女性は、体質に何らかの問題があるため病院で治療受けることを勧めます。

フライング検査は早期に不妊の原因を発見することに有効な手段です。

決してフライング検査で陽性反応が出たからと言って、妊娠を諦めないでください。

実際に陽性反応が出てから、体質改善を行い妊娠したケースも多々あります。